会社案内

書は歌人であり、書家であり、学者でもあった新潟市の名誉市民、會津八一先生(別号、渾斎、秋艸道人)によるものです。

大阪屋

大阪屋の歴史

安政5年、初代岡嘉平が越後新潟にて浪花堂大阪屋を創業

初代、岡嘉平は、当時、彦根藩領であった近江の国犬上郡石畑村(現滋賀県犬上郡豊郷町石畑)に生まれ育ち、長じて志しを立て、大阪に出て菓子修行を行いました。これが社名の由来と伝えられています。その後越後新潟に移り住み、現・新潟市横七番町通に菓子舗を構え「浪花堂大阪屋」と号したのが安政五年(西暦1858年)のことでした。

本店[写真]
安政 5年 初代.岡嘉平、熊谷小路(現新潟市横七番町通)にて浪花堂大阪屋を開業
明治13年 大火により現新潟市横七番町通1丁目に移転
昭和 3年 “明からす”献上菓子となる。
パンの製造を開始、イタリア軒などに納入する。
第二次大戦中、企業整備のため休業
昭和22年 営業再開
昭和25年 古町店を開設、合わせて
ケーキなど洋菓子の製造
を開始する
昭和26年 4月2日、株式会社設立
昭和29年 労働基準法に基づく就業規則制定
昭和31年 横七番町工場を建設
昭和36年 フランチャイズチェーンシステムを採用
昭和39年 技術と技能の分化.向上を目的に研究室を設置
昭和42年 新潟市大渕に本社新工場竣工
昭和43年 コンピュータを導入、チェーンシステム管理の効率化を計る
昭和47年 完全週休2日制の実施(年間休日105日)
昭和51年 本社工場新棟竣工
昭和55年 本社ビル竣工。商品管理部門、厚生施設の拡充を計る
昭和60年 全店舗発注オンラインシステム導入
昭和61年 女子再雇用制度導入。県内企業では初の就業規則への明文化を行う
平成 2年 看護休職制度、厚生資金貸付制度導入
月1回週休3日制実施(年間休日117日)
平成 3年 新潟県労働基準連合会ゆとり創造賞受賞
育児休業制度導入
中央労働基準審議会視察・懇談
平成 4年 育児勤務時間短縮制度導入
平成 6年 個人時短着手
平成 9年 昭和25年開設の古町本店を8番町から7番町へ移転
平成10年 創業140周年
女子再雇用制度を再雇用制度に改定
看護 勤務時間短縮制度導入
平成13年 食品衛生優良施設
厚生労働大臣表彰
平成19年 安全衛生委員会設置
平成28年 「新潟うまいもの」セレクションの一品として醤油餅が選定
お電話・FAXによるお問い合わせ

フリーダイヤル0120-211-435
(8:30~17:00 ただし、1/1は除く)

FAX:0120-211-437 (24時間受付中)

ページ上部へ戻る